広瀬すず 朝ドラ「なつぞら」のモデルは?

「なつぞら」のドラマが発表された時点(2017年11月20日)では広瀬すずが演じる主人公奥原なつのモデルは明らかにしていません、しかし奥原なつの青年期が1950〜1960年代と東映動画の設立初期にあたるため作品のモデルの可能性が高いとされ二人の名前が噂されています。

アニメーター・銅版画家の奥山玲子さん説

東映動画に入社し、『白蛇伝』の動画を担当。『アラビアンナイト シンドバッドの冒険』で原画に昇格。『わんぱく王子の大蛇退治』ではヨルノオスクニのパートのデザイン・原画を担当。

出典:http://www.yk.rim.or.jp/~rst/rabo/okuyama/okuyamareiko.html

スタジオジブリの色彩設計を担当の保田道世さん説

1958年、東映動画(現・東映アニメーション)の仕上部門に入社、CMやテレビシリーズのトレースを手がける。組合活動を通じて高畑勲と宮崎駿の2人と知り合い、『太陽の王子 ホルスの大冒険』にトレースで参加、以後Aプロダクション(現・シンエイ動画)、日本アニメーション等で『母をたずねて三千里』『未来少年コナン』など、多くの作品で仕上チーフ・色指定をつとめる。

1984年『風の谷のナウシカ』に参加して以来、スタジオジブリ劇場用作品のほとんどの色彩設計を担当。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)